読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君がいるから

大卒アイドルと備忘録をひたすら

一人暮らしか、実家に住み続けるか。

今回はジャニーズには全く関係のない話である…。

 

就職活動中の身(9月初旬現在)である私にとって永遠のテーマである、「一人暮らし」と向き合おうと思う。

就職活動を頑張っていくなかで、内定を頂けた会社が存在した。全国転勤(すべて各地域の都市部に存在する)があり、地元にはその事業所はなかった。

昔から「都会」というものに憧れを抱いていた一人の田舎っこであるので、もちろんうれしい気持ちがあった。しかし、現在もう一つダメもとで受けている地元の優良企業がいいところまで進んでいる。

ここでもし、仮に、その企業さんから内定を頂けた場合を想定して「一人暮らし」か「実家暮らし」かを考えて悶々とする今回の記事である。

 

「一人暮らし」の個人的なイメージ(メリット・デメリット)

  • 自由。とにかく自由。
  • もちろん付き合いもお金さえあればできる。次の日休みなら遅くまで飲んでも問題なし。
  • 今まで両親にしてきてもらったことを自分でしなければならない状況下に必ずなるので、「ありがたみ」を感じ、親への感謝がより深まる。
  • 家事全般をこなすので、いままでほぼしてこなかった料理ができるようになる。
  • この生活スキルを身につけて結婚につながって欲しい…願望。
  • 今までコンサートは遠征必須だったので、住む場所によるがホテル費などの遠征費用がいらなくなる。
  • 関東住みであれば諸々のイベントも参加可能。
  • 働き始め数年は生活経費でお金が吹っ飛ぶ。そのため、貯金は雀の涙ほどで雑誌・CD・DVDなどを思うままには買えない。おそらく超貧乏生活。
  • 仕事をやめない限り地元に戻るという選択肢はない。
  • 病気になると大変。看病してくれる人がいない。

これに対して

「実家暮らし」の現状(今後このまま社会人になるとすると)

  • 車で通勤という形になるので、自分の車を乗り回せる。
  • 家族がいるため、友達を家に泊めることなどは不可。自由さはなかなか低いかもしれない。
  • しかし、家賃は不要。家にお金を入れ、車のローンを月々払うとしても、貯金が結構たまるはず。
  • そうなると、貯金をしながら趣味にお金をかけることもできる。我慢がない。
  • お金に余裕が出てきたら、一人暮らしをしてみるというのも可。
  • なによりも家に明かりがついてて、ごはんができてるという状況があるのが精神的にいい。自分でも作る機会もある。家事は必要不可欠にはならないが、家事をする場面は自分でいくらでもある。

考えれば考えるほどキリがない…。ちなみに、地元企業は志願すれば東京の事業所で出向という形で働くことができる環境。一人暮らしの可能性あり。仕事内容はどちらも魅力的で、それで志望した。

地元企業の選考はこのまま進め、もし仮に採用されればまた悶々としようと思う。これを書いてて思ったことは、とりあえずはこんなことぐだぐだ考えずに選考に向けた準備をしろっていう話…。

 

 

この記事を書いてから、1か月が経った。とてつもなく早い1か月だったが、結論が出た。力を抜いて挑んだのが功を奏したのか、結局地元の優良企業に内定を頂いた。

やはり数日悩んだが、地元でこんなに素敵な企業はないと思い地元に骨を埋める決心をした。コンサートでは何度か足を運んではいるが、就職活動中に何度も東京に足を運ぶ中で、冷静な心の声が「こんなに早く来れるんだなぁ」だった。新幹線を使えば、東京なんて休日を使えばいくらでも行けるのでは?という単純な考えに落ち着いて、これも仕事を選ぶ基準の一つにはなったかもしれない。ちなみに、上記にある比較はほんとに細かい部分での違いであり、決め手にはならなかった。

人によっては「遠征」など「ジャニーズ」を応援していく活動に関して、就職の1番の決め手とすることも大いにあるとは思うが、私はそこを第一に優先したいとは考えていない。やはり、一生自分について回る大切なことなので「興味のある」「長く続けられそうな」仕事を選びたかった。そして会社を選んだ。

 

これで、私の就職活動は幕を閉じるが、これから就職活動を迎える方には言っておきたい。「面接は慣れ」ということを。やっぱり一番行きたい企業には「面接慣れ」という武器を従えて行ってほしい。いくら企業研究しても、それを会話にしてアピールできないとダメなんだということを。ファンサをもらうためにフリを覚えたり、内輪にメッセージを書いて伝えたりして「こんなに好きなんです」「いつもありがとう」という熱意を伝えるのとたぶん一緒。(比喩だけども)